贈り物で失敗しないコツ!シーンと相手を見極めれば喜ばれます

贈り物で失敗しないコツ!シーンと相手を見極めれば喜ばれます

自分が貰って嬉しい贈り物を選ぶのがポイント

プレゼントを渡す男性

人に対して贈り物を贈る機会というものは、そう多くはないものの確実に遭遇するものです。そして、だいたいの場合、何を贈れば喜んでもらえるのか、迷ってしまうことが多いでしょう。ひとつうのポイントとして、自分が貰って嬉しい物を、人に渡す贈り物としてチョイスするということがあります。シンプルで当たり前に思われるかもしれませんが、これがなかなかどうして実際には出来ていなかったりするのです。

というのも、人は誰しも多少はケチな面を持っており、自分が貰って嬉しい物は、人にはあげず、自分の物にしておきたいと考えるのが自然です。無意識に自分はいらない物をチョイスして、贈り物として人に渡しているというケースも少なくはないのです。本気で相手に喜んでほしいと思うのであれば、自分用にもうひとつ同じ物を買ってでも、自分が欲しいものを渡してあげると喜ばれるでしょう。

勿論、それがあまりに個人的な趣味に走ったマニアックな物であれば、必ずしも喜んでもらえるとは限りません。シンプルに考えて、自分が貰って便利な物、生活に役立つ物、あって困らない物、などといった観点から、選択肢を絞っていけば良いでしょう。人間誰しも、貰って助かる物はある程度一致するものです。贈り物を選ぶ時には、自分が貰って嬉しい物を選ぶことを意識してみましょう。

贈り物は相手の気持ちを良く考えて選ぶと失敗しにくい

祝い事や感謝の気持ちを伝える時に、相手が気に入っている物を選ぶと喜んでもらえます。ただで貰えるからといって、どんな贈り物を選んでも喜ばれるわけではありません。使わない物を貰っても処分に困ったり邪魔になったりするだけなので嬉しくないということもあり得るのです。そこで、相手が何を欲しているのかを考えて選ぶようにしましょう。普段接してわかる相手の情報を総動員して、推測してみると良いです。

もちろん完全に相手が望むものを推測することはできません。しかし、一生懸命贈り物を選んだ方が、いい加減な気持ちで選ぶよりも相手のことを考える分、喜んでもらえる物を選べる可能性は高くなります。そして、その方が実際に喜んでもらえたときに選んだ甲斐があったと思えるので、達成感もあります。相手があってこそのプレゼントなので、贈り物は相手の気持ちを良く考えて選んでみましょう。

贈り物を選んだら、ラッピングも検討する必要があります。そのまま渡すよりもきれいにラッピングされていた方が気持ちが良いものです。お店によっては無料でやっていますし、オプションだとしても数百円程度でやってくれます。この程度の支出で満足度を高められるのであれば、コストパフォーマンスも良いでしょう。色や柄など、気に入ってもらえそうなデザインで検討してください。

相手の立場になって贈り物を選ぶことの大切さ

贈り物をする場面は多岐に渡るもので、例えば、友人や恋人への誕生日プレゼントや、クリスマスなどイベントに合わせた贈り物、また、冠婚葬祭に合わせたギフトなどさまざまなものがあります。贈る相手の立場や年齢、目的などに合わせてプレゼントを選ぶことはなかなか大変なもので、いざその状況になると何を渡せばよいか迷ってしまう方も多いものです。では、どのような視点で贈り物を選べばよいのでしょうか。

まず、贈り物をする際は、相手の負担にならないかどうかを第一に考えることが大切です。あまりにも高価なものを選んだり、たくさんのものを贈ったりすると、相手はそれに見合ったお返しを考えなくてはいけなくなり、金銭的にも精神的にも負担に感じてしまう可能性があります。せっかくあげた贈り物のために、相手が複雑な気持ちを抱き、喜んでもらえなかったとしたらとても残念なことです。相手の立場になり、自分がこれを貰ったらどう思うか、ということを考えることが重要です。

そして、洋服や靴などはサイズや好みが掴みにくいため、これはいいと思って選んでも、うまくマッチしないという場合が多いです。もらった相手も処分する訳にもいかず、困ってしまうこともあります。食べ物や飲み物など、場所を取らず、消費することができて、万が一好みのものでなくても、家族にあげたり、近所に配ったりするなどの応用がきくものだと喜ばれる可能性が高いでしょう。相手の立場や状況を考えて、負担をかけず、喜ばれる贈り物を考えたいものです。

また、お祝いや季節のご挨拶といった具合に、シーンに合わせて贈り物を選ぶという考え方も重要です。『京王ネットショッピング』のように、こうしたシーンごとに最適な贈り物を吟味することができる便利サイトを活用して、マナーを弁えたスマートな手配を心がけましょう。

Topics

Recommended news