贈り物で失敗しないコツ!シーンと相手を見極めれば喜ばれます

贈り物で失敗しないコツ!シーンと相手を見極めれば喜ばれます

知っておきたい贈り物が必要になるシーンとは

籠に収まったバスセット

贈り物をするシーンには様々なものがありますが、中でも日本人にとって最も身近な機会には、お中元・お歳暮といった季節の挨拶が挙げられるでしょう。夏の挨拶のお中元は、7月上旬から8月の中頃までに贈ります。冬の挨拶であるお歳暮は、11月の下旬から12月の20日ごろまでが習わしです。どちらも季節感のある食べ物や、日持ちのするものが人気です。

また生活をしている中で贈り物をする必要があるシーンの例には、お祝いごとも挙げられます。例えば結婚をした相手には結婚祝い、出産をした人には出産祝いを贈ることがあります。さらに家を建てたりマンションを購入した人には、新築祝いや引っ越し祝いを贈ることも少なくありません。さらにこれらのようなお祝いをいただいたときには、お返しとしての贈り物も必要です。

お祝いやお中元・お歳暮の他には、記念日も贈り物をする機会として欠かせません。誕生日や結婚記念日には、いつもと違う食事をしたりプレゼントを渡したりする人も多いでしょう。また毎年の母の日や父の日、それに敬老の日なども何かしらの品物を贈る機会の1つに数えられるでしょう。このようなときには相手に喜ばれるような品物をリサーチして、贈ってみてはいかがでしょうか。

Topics

Recommended news